木曜日, 7月 18
Shadow

ゲームプログラマーの適性を知る

ゲームプログラマーとは、ゲーム開発する中でプログラミングを行うエンジニアのことを指します。
それ以外にも、正常にゲームが動くかどうかの動作確認やバグの修正なども、ゲームプログラマーの大切な仕事です。
このようなゲームプログラマーの適性がある人には、次のような特徴があります。

まず挙げられるのは、「ゲームが好き」という点です。
快適で面白いゲームを作りたい、という情熱を持って仕事に取り組むためにはとても重要なことであり、どのようなゲームが快適で面白いのかというのも、今までの経験を生かして考えやすいからです。
また「好奇心や探究心が強い」という点も特徴として挙げられます。
新しい要素があるとゲームの大きなアピールポイントになるため、常にゲームに関する新しい情報に目を向け、目指すゲームの開発のために追及できる人は、ゲームプログラマーに向いていると言えるでしょう。

「数学や物理が得意で論理的思考ができる」点も挙げられます。
プログラミングには数学の知識や物理演算に関する知識が必要だからです。
エラーが起きた際には、原因を理解して解決策を考えるための論理的な思考力も求められるでしょう。
そのほか、「マーケティング能力がある」という点も挙げられ、人気のゲームを制作するためには、ユーザーがどのようなゲームを求めているかを理解することが大切です。
そのために情報を集めて分析する力が必要となります。
そして、「人と接するのが苦手ではない」ことも、適性があるかどうかを見極めるポイントとなるでしょう。
というのも、ゲーム制作の作業はチームで行うため、人と接するのが苦手ではスムーズに作業が進められません。
仕事に関するコミュニケーションを取れるかどうかも重要なポイントとなります。