金曜日, 10月 30
Shadow

タグ: フリーランス

フリーランスになり年収アップを目指す

プログラマーはプログラミングを主な仕事とする職業ですが、携わる業務によって収入は大きく異なります。 いくつかある業務の中で、時代の移り変わりと共に増えているのがゲーム開発でプログラミングを行うプログラマーです。 ゲーム自体の需要の増加に伴って様々な企業が参入し始めているため会社によって若干の違いはありますが、ゲーム開発における平均年収は450万円前後と言われています。 この金額はボーナスなどの福利厚生も含まれているので、月収に換算するとおよそ30万円前後です。 女性のプログラマーは男性に比べて若干低く、25万円前後とされています。 一般的な会社員より高いとはいえ、専門職として考えれば低い数字であるのは否めません。 ゲーム開発プログラマーとして高収入を得る最適な方法として挙げられるのが、独立です。 IT業界は他業種に比べて独立しやすいことから、フリーランスとして活躍している人もたくさんいます。 フリーランスは人脈さえあれば仕事に困ることもなく、自分の実力次第で高い報酬を得ることが可能です。 ただし、仕事の受注や契約の交渉、経理などを全て自分で行わなければならないため、プログラマーとしての技術力はもちろん対人スキルも持ち合わせていなければ成功は難しいでしょう。 しかし近年案件探しをサポートしてくれるエージェントサービスなども登場しているため、フリーランスとして成功する可能性は以前より高まっています。 そのため、ゲームを開発する仕事に携わりつつ高収入を得ることを望むのなら、独立を視野に入れておくと良いでしょう。